名古屋園芸株式会社

営業時間 9:00~19:00 
年中無休
トップページ > 今月のおすすめ

今月のおすすめPick up

春を待つピンクの花    2018/1

  冬本番の寒さが身に染みるこの頃…そろそろ春の暖かさが恋しくなってきました。春はまだまだ先ですが、名古屋園芸には一足早く春の花がお目見えしてきました。その中でもより春を感じるものといえば、ピンク色の花ではないでしょうか?
 ピンクには直接春を連想させるような「桜」「桃」「梅」などはもちろん、「かわいい」「甘い」「やさしい」など抽象的なイメージもあります。そういったポジティブなイメージだけでなく、ピンクには素敵な効果が沢山あります。
 まず、温暖色に分類されるので、視覚的にも温もりを感じられます。また、心理的に幸せな気持ちや優しい気持ちになり、若々しさを促したり緊張が和らげられるので、特に女性の方には積極的に取り入れていただきたい色です。
 外に飾る花としてオススメなのは冬の定番「プリムラ」。様々な園芸種が存在しますが、ガーデニング用に扱いやすく人気なのはやはりジュリアンです。春まで長期間花を咲かせる上に寒さにも強く、コンパクトにまとまった花姿はとてもかわいらしいので、寄せ植えなどにも大活躍します。花色や花形もバリエーション豊富なので、ピンクのジュリアンだけを集めて寄せ植えを作っても面白いと思います♪

 とは言え、全面ピンクだと甘すぎてしまって庭の雰囲気から浮いてしまうという方…鉢の選び方次第でイメージはがらりと変わります。カラフルでポップな鉢を合わせればかわいらしさ満点の一鉢に仕上がりますが、素材感のある素焼きやブリキ等のアンティーク調の鉢を合わせれば洗練されたオシャレなイメージになります。この時期のガーデニングはピンクのジュリアンで貴方好みの一鉢をデザインしてみてはいかがでしょうか。

 部屋の中にも春を演出したいという方には、春の花を沢山盛り込んだピンク色のアレンジメントがオススメ。あえて全面的にピンクで統一すれば春の幸福感をたっぷり演出できます。チューリップにスイートピーなど、かわいらしい春の花もまだ寒いこの時期なら長くゆっくり楽しめるのが嬉しいポイントです。
 寒さで色々と億劫になってしまう時期ですが、花を1つ飾るだけでも暖かな春の空気と癒しが届きます。ぜひ、名古屋園芸に春を先取りにいらしてください。

*バラ咲ジュリアンの寄せ植え。ストーンパウダーを混ぜ込んだ鉢の独特の質感が全体的な甘さを抑えつつもジュリアンの美しい色を引き立てます。


色々なお花を組み合わせてもピンクで合わせれば統一感のある寄せ植えに。

ジュリアンのリースの寄せ植え。葉物とジュリアンのピンクとのコントラストが目を惹きます。

少しずつ表情の違うピンク色もふわふわとしたミモザのグリーンに包まれてナチュラルなイメージに。

グラデーションのかかったスイートピーと八重咲チューリップがエレガントなアレンジメント。白いカゴで軽やかな印象になります。

ピンクの花束で春をお届け。ミニバラにガーベラにスイートピー、女性が好きなお花が詰まったハッピーなプレゼントになります。

多肉植物でもピンクの鉢に合わせればちょっと春らしい装いに。花芽つきのチランジアも春を予感させます。
ページトップへ戻る

今月のおすすめ バックナンバー

名古屋園芸情報紙『花かがみ』バックナンバー

 別ウィンドウで開きます。(PDF)
ページトップへ戻る
Copyright(C) 名古屋園芸株式会社 All Rights Reserved.