名古屋園芸株式会社

営業時間 9:00~19:00 
年中無休
トップページ > 今月のおすすめ

今月のおすすめPick up

フィカスのお話    2017/5

 入学、進学、入社、転勤…今までと生活環境やリズムが変わったという方も、少しは慣れてきた頃でしょうか。春は出会いと別れの季節ですが、はじまりの季節でもあります。日々の癒しに、お部屋の模様替えや気分転換に、観葉植物との暮らしをはじめてみませんか?今回は代表的な観葉植物「フィカス」についてお話したいと思います。

 クワ科フィカス属に分類される植物は熱帯から暖帯を中心に分布し、約800種と非常に種類が豊富です。その中には昔から観葉植物の代表的存在であるゴムの木や、愛知県の特産品であるイチジクも含まれます。フィカスとはイチジクを意味するラテン語「ficus」の英語読みで、日本語ではイチジク属と表わされる事もあります。
品種による違いは勿論ありますが、フィカス属全体の特徴としてある程度耐陰性、耐寒性があるので室内でも管理しやすく、初心者の方や贈り物にもオススメです。それでは個性豊かなフィカス属の仲間達をご紹介していきます。

●フィカス・ウンベラータ
 (Ficus umbellata)
 大きく存在感がありながらも、ふんわりとした柔らかな印象の葉が特徴です。ウンベラータとはラテン語で日傘を意味する「umbella」が語源となっていますが、原産地の熱帯アフリカでは大木となるそうで、その名の通り人々を日差しから守っていたのかもしれません。その葉の形がハート型にも似ているためか特に女性人気の高い観葉植物です。フィカス属の中では日光不足や寒さには弱いタイプで、10度以下になると葉を落とし始めます。ただし非常に生育が旺盛で、1年で20㎝程も伸び次々に新芽も出しますので、多少落葉したくらいでは枯れる心配はありません。育てる楽しみを実感したい方にオススメです。

●フィカス・アルテシーマ
 (Ficus altissima Variegata)
 インド・東南アジア原産のフィカス属。アルテシーマとはラテン語で「背高」という意味があり、自生地では30mという大きさに育つものもあるそうです。アルテシーマの最大の特徴は黄色の葉脈と葉の縁を彩る黄色の斑入り模様です。葉はやや厚みがあり丸みを帯びていて、明るく優しげな印象を与えてくれるのでインテリアグリーンとして人気の品種です。耐陰性があり育てやすいタイプですが、日当たりの良い場所の方が美しい葉色や模様が保てます。

●フィカス・ベンガレンシス
 (Ficus benghalensis)
 インドのベンガル地方原産で、ヒンドゥー教の神話に「のぞみを叶える木」として登場する事から長寿の木としてあがめられたそうです。日本ではベンガルボダイジュなどとも呼ばれます。アルテシーマとよく似ていますが葉の色は全体に緑色なので葉脈がより目立ちます。また、幹の色が白っぽいのも特徴で、葉色との美しいコントラストが魅力です。

●ガジュマル  (Ficus microcarpa)
 ガジュマルも実はフィカス属の一種なのです。自生地は熱帯~亜熱帯に幅広く分布していて、国内でも沖縄、屋久島、種子島などに自生しています。ガジュマルは幹の途中から気根を出し、それが地中につくと太くなって木を支える支柱根となります。無数の気根を支柱として20mをも越える巨木に生長する姿は圧巻で、自生地である沖縄で精霊が宿る木としてあがめられています。その一方、「絞め殺しの木」などという強烈なニックネームがあるのはご存知でしょうか?鳥により運ばれた種子が樹上で発芽し、その植物に寄生しながら気根を張り、次第に宿主を覆いつくす程に生長し枯らしてしまう事が所以となっているそうです。ガジュマルという名は沖縄の方言で「絡まる(がまる)」が訛ったとものとも言われています。この様に生命力抜群のガジュマル、耐陰性も強いのですがより丈夫にたくましく育てるにはなるべく日光に当ててあげる事が大切です。
●ショウナンゴムノキ
 (Ficus binnendijkii)
 東南アジア原産でシンガポールから日本へ導入されたそうですが、旧大戦時日本の統治下であったシンガポールの呼び名「昭南」が由来となっているそうです。フィカスの中では珍しく細長く枝垂れた葉は涼しげな印象を与えてくれる上、和洋どちらのインテリアにも似合うのも人気の理由です。耐陰性が強く育てやすいのですが、葉が細長いので水やりの量が少なかったり空気中の乾燥が続くと葉先が枯れこむ事があります。細めに葉水(葉への霧吹き)をしてあげると綺麗な葉が保てます。

●フィカス・バーガンディ
 (Ficus elastica burgundy)
 インド原産、バーガンディとはブルゴーニュ産ワインという意味だそうでその名の通り深みのあるかっこいい葉色が特徴です。

●フィカス・ティネケ
 (Ficus elastic Decora Tineke)
 バーガンディの枝変わり種ですが、バーガンディとは対照的に明るく華やかな葉色と斑入り模様が特徴です。

ページトップへ戻る

今月のおすすめ バックナンバー

ページトップへ戻る
Copyright(C) 名古屋園芸株式会社 All Rights Reserved.