名古屋園芸株式会社

営業時間 9:00~19:00 
年中無休
トップページ > 今月のおすすめ

今月のおすすめPick up

斑入りはアートだ   2019/8


  本格的な暑さがやってきました。暑さで花持ちが悪いこの季節、長く楽しめる観葉植物を飾ってみませんか?今月は個性豊かな斑入り植物をご紹介します。

 「斑入り植物」とは、葉っぱに模様のある植物のこと。今は昔の江戸時代、他国では斑入り植物は気味が悪いとされていたそうですが、日本では珍妙であるがゆえに大流行していました。珍しい植物を楽しめる日本人にはなじみ深い植物といえます。一口に斑入りと言っても涼し気なものから、南国ムード満点のカラフルなもの、複雑な模様のものまで、その美しさや多様性、奥深い魅力はまさに植物界のアートです。
 アートとは言っても生き物なのでお世話はしないといけません。そこで簡単な管理の仕方をご紹介します。斑の色や模様をきれいに保つためには、置き場所に直射日光の当たらない明るい場所が理想です。ただしアグラオネマは多少暗くても耐えてくれます。水は土が乾いたらたっぷりと与えてください。受け皿に残った水を捨てるのも忘れずに!室内ならば冬越し可能なので年中楽しむことができます。

 お気に入りの植物が一つあるだけで、モチベーションが上がったり、リラックスできたりするだけでなく、お部屋の雰囲気が一新されて気分転換にも繋がります。個性豊かな植物と一緒に夏を乗り切りましょう!

*シンゴニウム‘フレンチマーブル’陶器鉢 \7,000+税
葉っぱによって大胆に変化する斑が素敵ですね。軽やかな葉が風になびく様子は涼しさを演出してくれること間違いなしです。


アグラオネマ陶器鉢
\2,500+税
耐陰性があって初心者向さんにもオススメ。品種によって葉色や模様など個性豊かでマニアも多い植物です

フィロデンドロン‘バーキン’
ポトスやモンステラと同じサトイモ科ですが、とても種類が豊富なフィロデンドロン。葉脈に沿った白い斑が可愛らしいです。

クロトン陶器鉢  \7,000+税
夏に似合う鮮やかな色が多いのが特徴です。赤みが強いものから明るい黄色が映えるものまで、お好みの品種を探してみてください。

ホマロメナ陶器鉢
\5,000+税
迷彩柄で独特な斑が落ち着いたインテリアに似合います。男性の方にもオススメ。

カラテア ‘ランキフォリア’
規則的に並ぶ不思議な模様の葉はどことなく南国ムード。ワインレッドの葉裏にシャープな葉姿はまさに「アート」を体現したような植物。

スパティフィラム(斑入り)陶器鉢
\5,000+税
緑から透き通るような白い斑入り模様のコントラストが何とも涼し気です。
ページトップへ戻る

今月のおすすめ バックナンバー

ページトップへ戻る

名古屋園芸情報紙『花かがみ』バックナンバー

 別ウィンドウで開きます。(PDF)
ページトップへ戻る
Copyright(C) 名古屋園芸株式会社 All Rights Reserved.